門司港レトロ館

旅の最後は、門司港レトロ館。
この辺りは、建物も風景もレトロな雰囲気。

IMG_3234.jpg


IMG_3236.jpg


この橋は、あとちょっとで真っ二つに割れて開いてしまうというので、
急いで渡ることに。

IMG_3231.jpg

立ち寄った建て物には、フグの飾りものが。

IMG_3237.jpg


部屋の中にはお雛様
フグのお船に乗ったお雛様
IMG_3248.jpg


足は、こんなに崩してしまっていいのかい?
ちょいとお行儀の悪いお雛様^^

IMG_3244.jpg


人力車もあちこちで見かける

IMG_3259.jpg


イケメンのおにいちゃま。
「床暖房なので暖かいですよ~~~」と宣伝していた
IMG_3272.jpg

さきほどの橋が

開きました!
IMG_3268.jpg


お船も年代を感じさせる

IMG_3270.jpg


あれ???
マミイんち???
って思うくらいの親近感。

んでも、ちょっと小ぶりなお家だわね、と思って眺めていると…

IMG_3252.jpg

意外と奥行きがあったりする。
おじゃまできればねえ…いいのにねえ…

これからも街並みに映えて頑張ってね!レトロさん。
IMG_3254.jpg

お土産屋さんもけっこうある。

IMG_3269.jpg

ガラス工芸の他にも、アンティーク・レトロな小物もたくさん置いてあった。

IMG_3256.jpg

なつかしいキューピーちゃん。

IMG_3258.jpg

こういうお店にも、弱いわぁ~

IMG_3262.jpg


明太子を持ったニャん子
IMG_3260.jpg

バナナソフトクリーム
んまかった!

IMG_3273.jpg

あらま!可愛い!!。
ねね!いつの間に買ったの~!?
ずっと一緒にいたのに~~~。
マミイがトイレに行っている間に買ったの?


IMG_3228a.jpg


レトロ館を後にして、福岡のお土産屋さんに寄り、
福岡空港へ。

IMG_3278.jpg


楽しい九州の旅でした。
ごっちゃまでごじゃりました。






スポンサードリク




スローライフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[ 2012/02/17 18:53 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

下関

旅行最終日。
九州から本州・山口に渡る。

渡る途中から雨模様。
やっぱり、みんなはお休み。
疲れもたまっているよね。

外は、不安定な空模様。
IMG_3178.jpg


関門大橋を渡る。
ガードレールが黄色に!
1963年の山口国体の時に、名産の夏ミカン色の黄色に塗りかえられたのだという。

IMG_3184.jpg


九州と本州の間には、関門海峡があるのだけども、
九州と本州が、こんなに近いとは思わなかったな。
(マミイの知識不足だけども)
関門大橋とマミイの近くの利根川橋は、長さはあまり変わらない。
(ちなみに利根川橋は1.0km、関門大橋は1.68km)

さてさて、下関に着いたとたん、目に付くのが、

ふぐ、フグ、ふぐ


いたるところにフグがいる。

唐戸市場の中には、でかいフグが。
IMG_3194.jpg

車の後ろにもフグ
IMG_3192.jpg


フグ料理の元祖のお店
IMG_3196.jpg



赤間神宮も、ちょいとお立ちより。
IMG_3199.jpg

赤間神宮境内
IMG_3202.jpg


唐戸市場を見る。
新鮮魚貝類が格安なんだけども、
400円おまけ!1000円でいいよ!

っていわれても、買ってゆけない。

残念だな~~。

ここがアメ横や大宮の市場だったら、買っちゃうのにね~~。




そんなこんなしているうちに、集合時間は近づき、バスへ急ぐ。

向うに見えるのは関門大橋。全長1068m
IMG_3218.jpg




スポンサードリク




スローライフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[ 2012/02/17 10:44 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

大宰府天満宮

水前寺公園を後にし、バスでちょいと走り、
大宰府天満宮へ。

車の中では、みんなお昼寝。

起きているのは、マミイとガイドさんと運転手さんだけかひらん?
というくらい静か。


着きました。
大宰府天満宮。

大宰府天満宮までの沿道には、ゆかしき雰囲気のお店屋さんが、
ずら~~~りと並ぶ。

レトロな建物のお土産屋さん。

IMG_3148.jpg


古風な雰囲気のお店。
参道には、こういうお店がたくさん並んでいる。

バッグや小物が、マミイの心をくすぐる。

IMG_3151.jpg

天満宮に来たのに、マミイはお土産屋さんが気になって仕方がない。



天満宮が近づいてきました。

IMG_3149.jpg


鳥居をいくつかくぐって。
IMG_3154.jpg


御神牛。
自分の悪い部分をさすると良くなるという。
牛さんの、さすられてばかりいる部分は、金ぴか。
マミイは、牛さんの体を全部さすってきた。

こちら側は、あまりさすられていない。
さすがに、裏側まで廻ってさする人は少ないようだ^^。
IMG_3155.jpg

次は3つの橋を渡る。

過去の橋。
後ろを振り返らずに渡る。
IMG_3156.jpg

現在の橋。
力強く渡る。


IMG_3157.jpg

未来の橋。
コケないでゆっくり渡る。

IMG_3158.jpg


一度通った道は、通らない方がよいらしい。
帰りは、3つの橋を渡らずに帰るぞ!と心に言い聞かせる。


この門をくぐると御本殿。
IMG_3160.jpg

瓢箪の下を通り抜けて。

IMG_3161.jpg


大宰府天満宮御本殿。

IMG_3162.jpg


道真公の愛した飛梅

IMG_3164.jpg

道真公が、大宰府に左遷される時に、自宅にあった愛する梅に歌を詠んだ。

東風ふかば にほひおこせよ 
梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ

そんな歌を詠んだあるじを慕って、梅は
一夜のうちに飛来したという。


飛梅も蕾が膨らみ始めている。

IMG_3165.jpg

大宰府天満宮は、学問の神様で、学問成就、合格祈願に、たくさんの人が訪れるが、
縁結びの神様でもあるらしい。

同僚が、そんな御力にあやかって、
縁結びのブレスレットをゲット。

満面の笑みを浮かべて、マミイに見せている。
もう一人の同僚の持つ袋にも、縁結びのお品が入っている^^。

そのほか、子供に良いご縁がありますように!と、
縁結びグッズを購入した同僚もいた。


縁結びのお品、買っちゃったの~~~~♪ehe.png



マミイの家は、縁結びは、まだいいや。
マミイは、長男坊主の合格祈願のために、お賽銭を入れてきたのでありました。


御本殿からの帰りは、橋のかかっていないところを通って帰る。
向うに、先ほど通ってきた3つの橋が見える。

IMG_3167.jpg

かなりの老木。

IMG_3170.jpg

老木から3つの橋を眺める。

IMG_3171.jpg

マミイは、今年この時期に大宰府天満宮にお参りできることが、
奇偶でもあり嬉しくもありました。

1月初旬の時点では、まだ行き先も決まっていなかったんだもの。

春爛漫の頃は、どんなにか美しいことだろう。
いろいろな催しものも開催されているようだ。

そういう時期に、また来てみたいと思う大宰府天満宮。










スポンサードリク




スローライフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[ 2012/02/13 20:08 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

水前寺公園といきなり団子

熊本城を後にして、お次は水前寺公園。
名前だけは知っていたけども、九州のどの辺にあるのかは知らなかった。
熊本市のはずれの山里にあるかと思いきや、めちゃくちゃ中心街にある。

東海道53次を模したといわれる回遊式庭園。
水前寺公園の水は、阿蘇山からの湧水。

この大きな池は、琵琶湖を模しているのだそう。
その向うにみえるいちばん高く盛ってあるのが富士山。

IMG_3145.jpg

まずは石橋を渡ってと。
この石橋も、何かを表していたはずだけども、忘れた。
日本橋だったかひらん?
そして、もういっこ向うが大井川にかかる橋だったかひらん??
ちょいとうろ覚え。

IMG_3134.jpg 


出水神社

IMG_3136.jpg
出水神社にある、長寿の水。
百薬の長として親しまれてきた。

マミイも、もちろんい百薬の長をいただいてきました。

IMG_3135.jpg



梅の蕾も膨らみ始めている。

IMG_3140.jpg

趣のある古今伝授の間の側面からパチリ。
古今伝授の間は、池の畔にあるので、向う岸に渡らないと正面からは写せない。

IMG_3144.jpg


古今伝授の間の後ろから。
IMG_3146.jpg



ここでお茶をいただけば(有料)、古今伝授の間に上がることができる。
しかし、マミイ達には、時間がない!

一緒にいた上司が言った。

「わたくしね、ぜひとも、『いきなり団子』をいただこうと思うの。
ぜひとも、いただかなくっちゃ!!!なの♪」



そういえば、バスの中でガイドさんが『いきなり団子のこと』を言ってたな。


んだけども・・・
そんなに喰いたいか?いきなり団子。
しかも、昼飯食ったばっかしだぞ。
まだ、お腹だって空いていない。


マミイは、別に食べようとも思っていなかったんだけども、
上司がそう言うので、一個くらい食べてみようかと思い、一個買って食べてみた。

食べてびっくり!!!

んまい!!

んまい!!!

んま~~~~~~い!!

今の今まで、いろんなお土産を食べたけども、
いきなり団子は、今までの中で、いちばんうまいかも~~~~♪

売り場の向うでは、いきなり団子を作っている湯気が立ち込めている。
一個売りしているので、出来たての熱々を食べることができる。

しかも、食べていると、お茶までだしていただいた。

いきなり団子は、自然素材だけで作ってあるので、
日持ちがしないのよね。
常温で2日。
冷蔵庫で4日
冷凍で1カ月。

マミイは、紫芋のいきなり団子と、普通のさつま芋のいきなり団子を買ったのでした。

水前寺公園入り口の小林商店さんのお方が言っていた。
「ほかのいきなり団子と食べ比べてみて!うちのは美味しいから~~♪」

小林商店のいきなり団子。
お土産に買ったのを食べてしまったら、
マミイは、絶対にお取り寄せしようと思う。

いきなり団子に出会えて、
水前寺公園にきた甲斐があるというもんだ。

家に帰って冷凍保存したいきなり団子。
左がさつま芋とアズキあん。右がむらさきいも。

IMG_3284.jpg

大きさは、団子というよりは饅頭みたいな感じ。


上司(職場の部署で一番偉い人)と行動を共にしていて、よかった~~~。

この時は、心から、そう思ったのでした。







スポンサードリク




スローライフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[ 2012/02/13 10:28 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

熊本城ひろいな~~~~

フェリーで、島原港を出発し熊本港に到着。
私たちを乗せたバスは、一路熊本城へ。

熊本市も、大きくてにぎやかな街。

着きました。熊本城。
まず、その広さにびっくり!
あ~~~っちの方まで熊本城の敷地。


西大手櫓門から入城。
左側に見える建て物は、宇土櫓。建て当時のままに残っている唯一の多層櫓だそうだ。
1600年頃の建築物…ということは…
すでに400年は経っているということになる。

IMG_3103.jpg

石垣が見事。
熊本城は、石垣の積み方も巧妙だそう。
IMG_3127.jpg

敵が石垣を登ってくることができないように、上の方が反るように積んであるという。

IMG_3126.jpg

さらにさらに奥へ進む。
ここから、天主閣のみえる広場へと続く。

IMG_3101.jpg


天主閣へ登ってみることに。
いい眺めじゃのう~~~。
前に見えるのが宇土櫓。

IMG_3114.jpg

あ!甲冑を着たお方がおられる!!
お写真を!

しかし、前にはおばちゃんたちが群がっている。
なかなか退却する様子がない。

甲冑を着たお方のヒゲをなでなでしたり、甲冑を触ったり…

おばちゃん
「あ~ら、いい男じゃないのよ、ねえ。重いんでしょ~これ」
甲冑人
「拙者は、これしき、重いなどと言ってはおれぬ。これも仕事でござるからな」
おばちゃん
「あ~ら、感心ね~。おヒゲモ本物なの~~~?」
甲冑人
「うぬ、こういういでたちで、城を守っておるのよ。」

IMG_3121.jpg

おばちゃん
「△□○×・・▽○○。□(*´ω`*)〜♡」


おばちゃん…もうええでしょ。
早く私たちに譲って~~~~・・・・

このおばちゃんたち、なかなかしぶとい^^。


「気を付けて旅をしなされよ」
「ありがと~~~おにーさ~ん」

IMG_3120.jpg


天主閣をバックに、やっとこ撮れました^^。


IMG_3122.jpg


大銀杏
向かって右の、幹しか残っていないほうは、西南戦争の際に燃えてしまったもの。
左側は、その後に芽吹き、大きくなったものだという。

その後の建て物は、本丸御殿大広間。

IMG_3112.jpg

駐車場に向かう。
あちこちに広場がある。
ほんとうに広く、お城の建物も、たくさん建ち並ぶ。

IMG_3130.jpg

お城を見学した後は、近くでお食事。
ここからも、お城がよく見える。
前に見えるのは、熊本城の内堀・坪井川に沿って建つ城壁、『長塀』
長塀というだけあって、ほんとうに長い。
242mあるそうで、現存する城塀では、一番長いそうだ。

IMG_3132.jpg


熊本城を眺めながらの昼食は、とてもおいしゅうございました。





スポンサードリク




スローライフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[ 2012/02/12 20:12 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

普賢岳とフェリー

雲仙温泉街を後にして出発。
雲行きが怪しい。
しかし、普賢岳は頂上まで姿を現してくれた。
岩肌が、平成の噴火の後を残している。

車中からの撮影なので、かなり見えにくいが、
岩肌が茶色く見える

IMG_3060.jpg

普賢岳が噴火して、溶岩が吹き出し、その溶岩は、この辺り一面を覆ってしまったという。

雲仙温泉街に行く途中にも、普賢岳から噴き飛ばされたという大きな石が、
あちこちにゴロゴロしていた。
ひとつの石が重いので動かすのが困難らしい。

さて、島原港フェリー乗り場からバスごとフェリーに乗り、一路熊本へ。

IMG_3062.jpg

島原港がだんだん遠くなる。
手前の山が前岳。後ろが雲仙普賢岳。

雨よ、降るんじゃないよ…というような天気。
IMG_3068.jpg


フェリーの周りには、カモメさんが餌を求めて、たくさん飛び交う。
このフェリーは1時間コースなのだが、30分コースでも、ちゃんとフェリーについてくるという。
(1時間コースも30分コースも同じコースを走行する)

IMG_3076.jpg

カモメのかわいい表情をアップで撮ろうと、
一心不乱にシャッターを押すマミイ。

んでも、なかなかいいのが撮れないものよ。

ズームにすると、カモメさんは、視界外にいっちゃうしね。

よ!いいの撮れたかいな~~~♪
IMG_3084.jpg

カモメ撮影を楽しんでいる間に、1時間は、あっという間に過ぎ、熊本に到着。
次は熊本城。



スポンサードリク




スローライフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[ 2012/02/12 13:52 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

雲仙の旅館の朝

同室の同僚たちは、いろいろと話が尽きないようでしたが、
心地よい疲れと、数日寝不足だったのとで、マミイは、いつの間にか眠ってしまっていたのでした。

気が付けば5時。
旅行だと、なぜか目覚めが早い。
家だと、こうはいかないもんな。

朝食をいただくことに。
ん!?

IMG_3045.jpg

今日の天気は曇りです。というコメントが添えてある。
なんて細やかな心遣いなのかひらん!
この心遣いに、感心しきってしまうわたくしたち。

IMG_3047.jpg

旅館を後にする前に、ロビーでコーヒーを一杯。

飲んでしまった後のコーヒーを片付けようと立ち上がると、
「あ、ありがとうございます。」
と、ささっと、どこからか走り寄って来て、ささっと片付ける。
お召し物も、簡易着物みたいで、粋な感じ。



旅館のロビーには、お雛様が飾られている。

お見事な7段飾り。幅も高さも、かなりのもの。

IMG_3048.jpg

七段飾りの下に飾られているお雛様や、お人形もとても愛らしい。
余り布で、こんなのを作ってみたいわ~~~と、出来ないくせして、思ってみたりする。
IMG_3049.jpg

ちびお雛様。
大事に大事に毎年飾られているんだわね。

IMG_3051.jpg

蛤に似たお雛様。

IMG_3052.jpg

そのほか、旅館のあちこちに、親王飾りが置かれていたな。


ロビーから旅館の庭を見る。
雲仙の山をバックに、花の季節には、きっと見事な庭の風景なんだろうな。

IMG_3056.jpg


こうして、名残惜しい気持ちで、雲仙の旅館を後にしたのでした。

ちょいと雲行きがあやしいけども、雲仙普賢岳をみることができるかな。






スポンサードリク




スローライフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[ 2012/02/11 08:40 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

雲仙のお宿

長崎を後にして、私たちは雲仙へ。
途中、カステラのお店に立ち寄る。
長崎カステラに使用するための卵だけを産むニワトリさんがいるのだという。
そこまでこだわって作られている長崎カステラ。

カステラ屋さんからの眺め。
陽が海に落ちて幻想的。
IMG_3016.jpg


雲仙のお宿に着き、夕食まで、外を散策。
あちこちから、水蒸気が噴き上がっている。
まさに雲仙地獄だ。

IMG_3021.jpg

辺りは硫黄の匂いがぷんぷん立ち込める。

IMG_3027.jpg

同僚がなにやら写している。
IMG_3024.jpg

30分も散策すると、あたりはもうすっかり夕暮れ

IMG_3030.jpg

心づくしの夕食をいただき、部屋でくつろいでいると、
なんと花火。
冬の空に、何発もの花火が舞う。

IMG_3040.jpg

用意された布団の枕の上には、メッセージと、庭で摘んだというミニ水仙。
旅館のモットーは『おもてなしの心』なのだそう。
IMG_3043.jpg

そのほか、書物を読む部屋もあった。
露天風呂もよかったけども、笑顔の接客と、そちこちへの心遣いが、
とても心地よい旅館なのでした。

こういう旅館だと、
またここへ来よう!という気持ちにさせられるな。
1日目の夜は、こうして更けていきました。






スポンサードリク




スローライフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[ 2012/02/10 19:00 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

長崎とグラバー園

旅の1日目は、雲仙に宿泊予定。
福岡から長崎、そして雲仙へと向かう。

その途中で大浦天主堂・グラバー園に立ち寄る。
大浦天主堂へ続く道は、なだらかな坂道。
道沿いには、マミイの気を引くお土産屋さんが、ずらりと立ち並ぶ。
IMG_2990.jpg


ちょうど長崎ランタン祭りが開催されていたのと重なって、商店街にも、きれいな提灯が。
IMG_2993.jpg

提灯ひとつひとつが異国情緒あふれる。
マミイの家の純和風提灯とは趣が違う。
IMG_3011.jpg


坂を上った所に、大浦天主堂。
ここでは、無料で『聖母の騎士』という冊子が配布されている。
1930年に、コルベ神父が発行したのが始まりという。

IMG_2995.jpg




大浦天主堂横を通り過ぎて、グラバー園へ。

お屋敷の脇の赤い実。
クロガネモチと書いてある。
へ??クロガネモチ?
ぼろ屋のクロガネモチと、ちょっと違うぞ!
ぼろ屋の赤い実が、クロガネモチじゃなかったら、なんなんじゃろ???
IMG_2998.jpg


向う側に、長崎市街地が広がる。
IMG_3002.jpg

グラバー園内に貸衣装屋さんがあるらしく、華やかなドレス姿のお嬢様も、
たくさん見かける。
もっと近くで写さしてもらえばよかったな~。



グラバー園から港を望む
IMG_3003.jpg

祈りの泉

IMG_3001.jpg

このくらい広い庭園だもの、
春以降に訪れたなら、お庭も花盛りで、きれいなんだろうな。
次に来るなら、春以降の季節だな(←まずは、お金貯めなくっちゃね)

ひとつひとつの邸宅内に入れば、その当時の調度品などをみることができるのだが、
なにせ限られた時間内での観光。

よくばりなマミイは、グラバー園を一通りまわってみないと気が済まない。
グラバー園の上から下まで、急ぎ足で廻った感じ。
これが、ちょいと残念。



グラバー園から坂を下り、バスに向かう途中で撮った写真。
『子供の本の店 童話館』
おとぎの国のようで、可愛い。
ここも入ってみたかったな。

IMG_3012.jpg


マミイだけで来たら、グラバー園3時間
お土産屋さん2時間…だな^^

全部1050円!というお店には、マミイがとても欲しいと思っている、
厚手の焼き物の、しかも大きい食器類やら鉢物があった。
あ~~~~、ここが長崎ではなく、埼玉だったら、絶対にゲットするのに!!!
その陶製の調度品を、何度も何度も振り返って見ているマミイ。
同僚がマミイの襟元を引っ張って、バスへ連れ込む^^。



グラバー園の、長崎市街地が見渡せる場所で、ガイドさんが、説明してくれた。

「あの辺りが、原爆の被害にあった場所です。」
ということは、
ここから見渡せる一帯が、焼け野原だったということだ。
バスの中で、ガイドさんから永井博士の話も聴いた。
戦争を知らない世代だけになった時が、ほんとうに恐い。
美化することなく伝えていかなくてはならない事実の重みを知る思い。




ここから一路、雲仙へ。

スポンサードリク




スローライフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[ 2012/02/10 06:38 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

ワンちゃん広場のあるパーキング

福岡から長崎へ。
長崎グラバー邸に行く途中に立ち寄ったパーキング。
眺めは、なんとなく南国。
埼玉くらい寒いんだけども、生えている木が、南国っぽい。

IMG_2986.jpg


教会みたいにみえる建て物は、教会ではなく、
恋人のなんちゃら…って書いてあったような…

IMG_2988.jpg


ちゃんとちゃんと、ワンちゃんのための広場もある!
旅行中のワンちゃんだって、外でリラックスしたいもんね。

IMG_2984.jpg


うちのワンコ、ニャンコ、どうしているかしら・・
旅行もまだ初日だというのに、ワンちゃんニャん子のことが、
ちらっち気になった。

んでも、旅行に突入したら、
旅行も楽しいもんだ!と気をとりなおいしている自分がいる。

ワンコグッズがあったら、土産に買って行くからね♪(あるかなあ…)
などと思っては、その後もワンコグッズを探すマミイでありました。









スポンサードリク




スローライフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

[ 2012/02/09 06:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(4)